人生で初めて転職をするとき、気を付けるべきことはなぜ今の仕事を辞めなければいけないの・・

生まれてはじめて転職を行うのであれば、気を付けるべきことは…

人生で初めて転職をするとき、大切なのはなぜ現職を辞めたいかについてはっきりしておくことです。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが無難でしょう。その上で問題を解決できるであろう会社を決定していくのです。卒業してからの転職活動は、大学等での就職活動とは異なり、今の仕事をこなしつつ就職活動を続けていくので、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。だから理由が明確にならないまま転職活動を開始した場合、途中で行き詰まってしまう危険があります。どんな手段を使っても転職したい、現状に変化を加えたいという強い情熱がない場合は,転職活動の開始はしないほうが良いでしょう。

今の自らの勤め先や仕事の中身についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

今現在のあなたの勤め先や仕事の中身について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。「自身の持っているスキル・能力が正しく評価してくれない」よって、「給与は増えないし、レベルアップする可能性も見いだせない」といった不満が多くを占めるでしょう。ですが、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には自分の才能を実際よりも過剰評価していることもあります。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と転職がうまくいかないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招く可能性も少なくありません。再就職で成果を上げるためには、自分のキャパシティを今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

長年にわたり接客関係で勤務していたのですが、加齢が原因か…

ずっと接客関係で勤め続けてきたのですが、加齢が原因か立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的にきつく、座り仕事であるオフィスワークへお仕事を変えることを第一目標として動きました。事務の経験がなければけっこう厳しく、だから接客業の経験も活かせる受付兼医療事務をやろうと考え資格試験にも合格し個人病院に転職をしました。周りはベテランである先輩パートさんばかりで人間関係も複雑。夜のシフトばかりさせられ、接客業で働いていた時よりも帰宅時間も遅いわけですが、今はキャリアを形成しておかなければいけないと腹をくくり頑張ります。

友人の紹介で転職の先を見付ける人がいます。

知人からの紹介によって転職する先を探す人もいるでしょう。…が、転職先の労働環境やそれから労働条件といった部分について紹介者からの口コミ情報のみで判断するのはあとでトラブルになることが多いです。なぜなら、個人の口コミというのは客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。それ故に紹介した人にとっては、良い働く場所だったとしても、あなた自身にとっては、まったくそう思えない可能性かもしれません。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけに頼らずに、最終的には自分自身の決断を信じるしかありません。

転職を予定しているのなら、現状の職場の何に対して不満を感じているのか・・

そのうちでも転職することを考えているのなら、今現在の仕事や業務の何に不満があるのかを明確化する事が必要です。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも不満な点があるから転職したいと考えているのは分かります。が、「ちゃんといまの会社の客観的にみた不満点を明確化する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そのあとに、転職を叶えたとしたら、「どういった事がマイナスになるだろうか」をしっかり想像してみましょう。現状の問題が全て改善するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後のモチベーションの低下を防ぐ事ができます。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました